2008/2/2 土曜日

課題はハムストリングの強化

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 23:22:30

大またで歩くと、ふともも裏(ハムストリング)に痛みが出る状態です。レースで、スピードを上げるため、普段よりも大きなストライドで走ったためハムストリングを損傷したようです。

しかし、ホームページを見ると、以下のように痛みが生じない運動なら可能らしいので、そろそろ(小またの)ジョギングをしようと考えています。
また、今回のケガの根本的な原因が、以下の記事からわかりました。

「ハムストリングの筋力は最低でも大腿四頭筋の60%はないと、筋力のバランスが悪くなってけがをしやすくなります。ハムストリングの損傷は、短距離走のスタート時などこの筋肉が急に強い力で収縮した瞬間に起こりやすく、太ももの裏側に強い痛みを生じます。

筋肉が回復するまでの間は、ランニングやジャンプは行ってはなりませんが、その場でのジョギング、ボートこぎ、水泳などは痛みを生じない範囲で実施できます。治りはじめてからは、ハムストリングを強化する運動が再発の予防に役立ちます。」

メルクマニュアル医学百貨より

http://www.banyu.co.jp/content/corporate/merckmanual/index.html

私の場合、大腿四頭筋のトレーニングであるスクワットは78kg×30回×3セット、レッグエクステンションは56kg×10回×3セットで行っているのに対し、ハムストリングのトレーニングであるレッグカールは26kg×10回×3セット。

明らかに、ふとももの前である大腿四頭筋が強く、バランスが悪いことがわかりました。
回復次第、ハムストリングの強化にとりかかりたいと思います。

次のページ »