2008/8/31 日曜日

寛平さんを応援しよう

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 19:38:51

私が唯一尊敬している芸能人ランナーである間寛平さん(59)が、ランニングとヨットという人力と風力のみで世界一周するプロジェクト「アースマラソン」に挑戦すると発表しました。

今年12月から2011年3月までの約2年間、全3万6000キロの行程なんだそうです。今日、行われた会見で寛平さんは「東へと出発するので、世界一周して必ず西から帰ってきます。東から帰ってくる(リタイアする)ことはありません!」と意気込みを語った、そうです。おもろい!

12月17日に大阪を出発して千葉県鴨川市からヨットで太平洋を横断し、米ロサンゼルスへ。そこから約4カ月走りぬきニューヨークからヨットで大西洋を横断してポルトガル・リスボンに到着。リスボンから中国・青島までの1万3900キロを約1年以上かけて走り、10年11月から11年3月までの間にゴールの大阪に到着するという計画なんだそうです。

寛平さんが偉いのは、ちゃんと準備(厳しいトレーニング)していることです。1000km/月の走り込みに加え、ヨットスクールにも通ったそうです。

寛平さんの挑戦、本当にワクワクします。想像しただけでも、感動で涙が出て来そうです。スタートは大阪らしいので、ぜひ見に行きたいと思います。

2008/8/30 土曜日

レース用シューズが届きました

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 20:46:03

シューズをネットで購入するのは、危険を伴います。なぜなら、同じ26cmでも、メーカーによって大きさが異なるからです。
それどころか、同じメーカーでも製品が異なると、微妙に大きさが違います。

しかし、私の場合、5年前、サブスリーを達成して以来、シューズはナイキの「AIR ZOOM KATANA 」シリーズと決めているので、通販でもサイズの問題もなく、安心して購入することができます。

今回購入したシューズには「軽量性とクッショニングという相反する機能をバランス良く兼ね備えた画期的なレーシングモデル」と書かれていました。なんか、速く走れそうな気がしてきました。

080830.jpg

2008/8/29 金曜日

ちょっと、びびっています

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 22:52:38

佐渡国際トライアスロンまで、あと1週間ちょっとになりました。
もうバイクのロングライドをする気もないので、久しぶりに気楽な週末を迎えています。

それにしても、佐渡のバイク190kmって、どんなもんなんでしょうか。3年程前、1回だけ、200kmを走ったことがありますが、あまりの苦しさに懲りて、以来一度も、180km以上は走っていません。たった10kmのプラスですが、後半の10kmはきっと長いのでしょう。

気楽な一方で、迫り来る佐渡の恐怖に、びびり気味です。

2008/8/28 木曜日

馬術より、駅伝を

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 22:14:32

野球とソフトボールがオリンピックから姿を消すことになりました。これらをなくすより、テコンドーとかBMX(よくわからない自転車の競技)、馬術、エアライフル、射撃、競歩をなくすのが先だと思うのですが、いかがでしょうか。
(どうも私は馬術や射撃が嫌いなようです)

馬術は、偶然テレビ放送を観てしまいましたが、あんな退屈なものはありません。解説者が「馬が、(観客用の)大型のビジョンを見て、驚いています」って、これがスポーツの解説でしょうか?
競歩も観ていると、イライラして来ます。なんとなく、煮え切らないというか、奥歯にモノが挟まったような感じというか・・・。

逆に、加えて欲しいのは、100kmマラソン(できればスパルタスロン)、ロングディスタンスのトライアスロン、駅伝などです。競歩よりは、よっぽど競技人口も多いし、見ていておもしろいと思います。特に駅伝は、ぜひ正式種目に加えて欲しいと思います。

2008/8/27 水曜日

ランのタイムはバッグ次第

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 23:22:55

今日は、レース前、最後の通勤ラン。8月は週2回のランニングのうち、1回は、この通勤ランでカバーしました。
通勤ランのいいところは、時間を有効に使えるところです。

会社から自宅まで25kmあります。もし帰宅してから、この距離を走ろうと思うと、20:00終業→帰宅&スタート21:30→ラン終了24:00前になります。
一方、通勤ランだと、20:00スタートで、22:30にゴール(帰宅)することができ、1時間30分も時間を捻出することができるのです。

8月の走行距離は、今日を入れると150km、その内訳は――通勤ラン25km×4回、週末10km×3、出張ラン20km×1――。実に、通勤ランが約70%を占めています。私のラントレーニングのメインは、通勤ランなのです。

しかし、デメリットもあります。荷物を背負っているので、全くペースが上がらないことです。キロ6分を切るのがやっと。
最初はあまり重さも苦にならないのですが、疲れてくるとズシリと重く感じるようになります。それに比例して、ペースも上がらなくなります。

また、どうしても擦れて、切り傷ができてしまいます。痛くて、もぞもぞしていると、さらにペースが遅くなります。さらに、帰宅して、シャワーを浴びると、必ず、どこかヒリヒリと痛みます。通勤ランをはじめて、生傷が絶えません。

現在、荷物が重くなるのは仕方ないにしても、とりあえず擦れず、快適に走れるバッグを模索中です。私のランニングのタイムは、快適なバッグが見つかるか否かにかかっています。

次のページ »