2008/9/30 火曜日

新機Forerunner405をゲット

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 22:37:53

Foreathlete205を30,000円で売却しました。さらに、引き出しの中で眠っていたPolarの心拍計S710とS625Xも、それぞれ10,000円ちょっとで売り飛ばしました。

なぜかと言うと、ガーミンのForerunner405が欲しくなったためです。205と比べても明らかに小さく、これならレースでも使えます。また、心拍計の機能もあります。欲しい!

そこで、資金調達すべく、205のほか、いろいろとかき集めて、なんとか50,000円をゲット。追加の資金なしで、なんとか最新機Forerunner405を手に入れることに成功しました。

このモデルは日本では、まだ発売されておらず、英語版しかないのですが、使用するにあたって不便はありません。

広告では「これなら、普段は時計としても使えます」とありましたが、それはちょっと無理です。これを時計だと考えると、あまりに安っぽく、デザインもダサいからです。

gps.png

2008/9/29 月曜日

アイアンマンジャパンは6月21日

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 21:24:36

来年のアイアンマンジャパン(長崎・福江島)は6月21日に決定したようです。
来年は、どんなに忙しくとも、アイアンマンジャパンには出場するつもりです。国内で唯一アイアンマンの称号を得られるこの大会に、皆で参加しましょう。
距離は長いですが、涼しいので皆生よりは楽。誰でも?完走できます。

私の聖典には、アイアンマンレース完走せざるもの、アイアンマンロゴ入りのシャツ着ることなかれ、グッズ持つことなかれ!とあります。

私は今年、出場できなかった鬱憤(うっぷん)を晴らすべく、早々に出場宣言をしたいと思います。

ところで、先日行われたベルリンマラソンで、ついにフルマラソンも2時間3分台に入りました。2:56/kmペースです。100m、17秒台。運動会の100m走でも、そこそこいけそうです。

2008/9/28 日曜日

スイムウエアをチェックしてください

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 18:50:00

ランニングウエアの買い替え時は、汚れが気になり出すか、伸びる(特に首回り)か、デザインに飽きるか、です。
スイムウエア(水着)の買い替え時とは?
スイムウエアは汚れることもなければ、伸びることもほとんどありません。それなら、何時、買い替えるのか?
実際に泳いでおられる方なら、答えはすぐにわかるかも知れません。
答えは、薄くなったらです。

泳いでいるうちに、水との摩擦?かなんかで、すり切れて行くようなのです。
そして、ある日、突然、スイムウエアの一部が異常に薄くなっているのに気づくのです。

本日、スイムウエアの一部が、しゃれにならない位、薄くなっているのに気がつきました。これまで、この状態で泳いでいたのか、と恥ずかしくなる位、薄くなっていました。もしかしたら、•••。

皆さんも今一度、スイムウエアをチェックしてみてください。

2008/9/27 土曜日

楽勝30km

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 20:14:33

やっと涼しくなり、走りやすくなりました。ド素人も、そろそろ走り出す季節です。
真夏も走っていた私は、これだけ涼しいと、非常に楽に感じます。ここはド素人とは違います。
今日、30kmを走りましたが、軽く走って平均5:33/kmペース。どれだけ軽くかと言うと、平均心拍数が、たったの120拍/分。ド素人なら、早歩きでも、これくらい心拍数になります。

真夏に我慢して走っただけあって、レース後初の30km走でしたが、とても楽に感じました。

2008/9/26 金曜日

3時間30分を目指して

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 21:58:45

明日は、かなり涼しくなるそうです。福知山マラソンまで2ヶ月を切っているので、久しぶりに30kmほど走ってみようかと思います。

ちなみに今年も福知山はゆっくりと行きます。予想タイムも3時間15分にしました。(これでも、かなりサバを読んでおります。)
いつもは申し込む時は、サブスリー狙いなのですが、今年は最初から、その気なし。ですから、スタートは例年よりも後方からです。

しかし、私にはいくら遅くても3時間30分でゴールしなければならない理由があります。それは、これより遅いと帰りの足がなくなるからです。と言うのも、一緒に行く予定のkikuさん号(車)は、スタートから4時間後には駐車場を出発してしまうのです。

明日は、記録のためではなく、帰りの車に同乗させてもらうためのトレーニングです。

次のページ »