2008/11/19 水曜日

ひき逃げは許さん

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 22:22:26

最近は、ひき逃げが横行しています。
私も20年ほど前、ランニング中に轢(ひ)き逃げされたことがあります。

当時住んでいた吹田の自宅をスタートし、関西大学の前の道(歩道がない)を走っていた時のこと。キキーンと、車のブレーキ音がしたかと思うと、なんとなくお尻に衝撃が・・・。えっと思った瞬間、私はガードレールと道路の間に挟まれるように横たわっていました。

あ〜轢(ひ)かれたがなぁ〜。もしかして、初めて救急車に乗れるかも〜、とのんきに救助を待っていると、私を轢いた車はキュキューンというタイヤの音だけを残し、逃げ去ってしまいました。

夜遅いこともあり、目撃者もないようで、誰も助けに来てくれそうにありません。仕方なく自力で立ち上がり、かなり出血していたのですが、若かりし私は、なんと自宅までの5kmを走って帰りました。

帰宅し、母親に「車に轢かれた!」と報告すると、「あっそ」という、そっけない返事。
「血が出てんねん!」と訴えると、「オロナインでも塗っとき!」と、さらにつれない言葉が返って来たのを、轢き逃げのショックとともに、今でも覚えています。

次のページ »