2009/5/31 日曜日

満足の週末

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 20:24:57

アイアンマンジャパン前、最後の30km走を行いました。バイクトレーニングの疲れがあり、5:50/kmでしたが、暑くなく寒くなく、日差しも柔らかで優しい絶好のお天気に助けられ、久しぶりに気持ち良く走ることができました。

途中、バイクトレーニング帰りのN嶋さんと万博の外周道路で遭遇。まだ雨が降っていた7:00にスタートして150km走られたそうです。kikuさんといい、N嶋さんといい、早起きです。

今週末は、十分満足のいくトレーニングができました。そして、多くのトライアスロン仲間と会いました。

2009/5/30 土曜日

運を使い果たした?

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 22:02:31

今日がバイク170km最後の日。来週は150km、再来週は80km、そしてレース本番となります。
20km地点で、OT原さんに軽々と抜かれはしたものの、アベレージは今年最高の25.8/kmを記録しました。

途中、N田くん、kikuさんとすれ違いました。kikuさんは、通り雨に見舞われびしょ濡れになったそうです。
私は、幸運なことに雨に濡れることはありませんでした。

帰宅後、レース用シューズ+ウエアをテストするため、すぐにランへ。5kmほど走ろうと思いましたが、雲行きが怪しくなってきた(本当は、しんどくてやっていられなかった)ので1.5km地点でUターン。この判断が正しく、帰宅後、間髪入れずに豪雨となりました。

今日は不安定な天気にも関わらず、運良く一度も濡れることがありませんでした。逆の味方をすれば、こんなところで運を使っている場合ではないんですけど。
明日は、レース用のスイムゴーグルを買いに行く予定です。今使っているものは、古くなったこともあり、くもって前が見えません。

2009/5/29 金曜日

バイクは強くなったのか

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 22:06:11

6月に入るとレースまで3週間をかけて疲労をとるため、徐々にトレーニング量を減らしていきます。よって、明日は最後のバイク遠回り170kmコースを走ることになります。お天気が心配ですが、日曜日にゆっくりするためにも、明日走っておきたいところです。

今年はバイク強化をテーマにしてきましたが、本当に速くなったのか甚だ疑問です。バイクを強化しようにも、結局、週末しかトレーニングできません。ましてや、150km以上走ると、次の日は無理。すなわち、バイクトレーニングは週に1回だけ。これって、例年と同じです。
唯一異なるのは、冬も月に2〜3回、30〜70km程度走ったことです。これが、強化につながるのか?その結果は、6月21日に判明します。(もし速くなっていなかったら、今後は大人しく冬眠することにします)
ちなみに、トレーニングコースでのタイムを見る限り、例年と変わっていません。

最近、通勤ランしかやっていないため、遅いペースに身体が馴染んでしまっているような感じです。そこで、本日は、完全オフの予定でしたが、スピード感を取り戻すべくダッシュ&イージーで約5kmほど走りました。

2009/5/28 木曜日

間違いだらけのトライアスロンバイク

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 21:47:22

ジロデイタリアのTV中継によると、50km/hで走っている時、ウインドブレーカーを着ているのと着ていないのとでは、時速3〜4km/h違うらしいです。もちろん、空気抵抗による差です。ウエアはもちろん、ゼッケンの付け方にも注意したほうがいいかも知れません。

ところで、ロードレースにおいても、個人タイムトライアルで使われる自転車は、TTバイク(エアロフレームにDHバー)、つまりトライアスロンバイクに近い仕様です。
個人タイムトライアルは、通常20〜40kmくらいで行われることが多く、コースも大体フラットです。
しかし、今年のジロデイタリア12日目の個人タイムトライアルは、珍しく2つの登りを含む60km。平地と登りを織り交ぜたコースでした。つまり、トライアスロンのコースに似たものでした。そこで使われていたバイクは、TTバイクではなく、通常のロードバイク。ハンドルもドロップハンドル。TTらしかったのはDHバーが装着されている点だけでした。

私が言いたいのは、世界のトップロードレーサーが、トライアスロンのコースを走るなら、普通のロードバイク、ドロップハンドル+DHバーを選ぶと言うことです。
アイアンマンジャパンでは、ほとんどの選手がTTバイクにブルホーンバー+DHバーで挑むでしょう。自転車で速く走ることを知り尽くした世界トップのロードレースチームの選択が誤っているとは思えません。誤っているのは、トライアスリートたち。アンマンジャパンで速く走るなら、ドロップハンドル+DHバーを装着した一般的なロードバイクが正解と言えるのではないでしょうか。

2009/5/27 水曜日

ここまでやる、トライアスロンの準備

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 21:01:30

アイアンマンジャパン五島長崎まで、あと3週間ちょっと。まだまだのように思われるかも知れませんが、昨年12月に申し込み、1月から準備してきた私にとっては、もう目前という感じです。6月に入ると、さらに焦りが出てきそうです。

マラソン大会の準備は前日の夜で十分ですが、トライアスロンの場合、そうはいきません。レース用タイヤと補給食の準備、その他レースに必要なグッズの室内捜索、自転車の整備と梱包・発送など、めんどうな作業が結構あります。

さらに、ウエットスーツやレース用ウエアの試着もやります。ウエアを着て、帽子をかぶり、サングラスをかけ、意味なく鏡の前に立って「OK」とつぶやいてみたり・・・。
新しいドリンクや補給食の試食をすることもあります。「エネルギーが湧いてくるぞ、これはいい」と一人納得してみたり・・・。
ウエアのポケットに、補給食を入れて走りやすいか、室内をうろうろしてみたり・・・。
隠しカメラで撮られていたら爆笑されそうなことを、真剣にやっています。

1年を通じて、これだけ真剣に準備をするのは、トライアスロンだけです。

次のページ »