2010/4/15 木曜日

今日は大阪弁で

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 22:09:39

今、東京に住んでいる大学(関西学院)時代の友人が、私のブログに時々出てくる「大阪弁が懐かしい」と言っていました。
そこで、今日は、思いっきり大阪弁で書こうと思います。

今日は通勤ランやってんけど、ほんまにしんどいわ。正午に昼メシ食って、それからなんにも食べずや。それで32kmやでぇ。
今回が3回目やねんけど、なかなかペースも上がらへんし。信号で立ち止まってる時間を入れたら、3時間半以上かかんねん。6時に会社出ても、帰宅できるんは9時半やで。
ほんでな、長い時間、暗いところを走るから、帰って来たら部屋の照明がまぶしいんや。こんな感覚、わからへんやろなぁ。

後半は脚も上がらんようになるんや。どんだけ上がらへんかというと、何もない平らな道で、つまずくねん。こんなんでこけたら、笑われるで。ほんまに。
「いや〜、あの人、何もないところでこけやったわ」って。
ほんまに、大阪のおばちゃんは、人の幸/不幸に関わらず、すぐに食いついてくるんやから。油断もすきもあらへんで。

以前、自転車の前輪を外して車に積んでたら(普通の行為)、おばちゃんが「いや〜、あの人、自転車つぶれはったわ〜」って、大きなお世話やっちゅうねん!あんた一体だれやねんって話や。
ほんま、大阪のおばちゃんは、あたり構わず食いついて来よるで。ピラニアか?っちゅうねん。

通勤ランは、ほんまにしんどいトレーニングやねんけど、それだけにやり遂げたら、練習やいうても、すごい充実感があんねん。いつものシャワーが、何倍も気持ちええねん。

トライアスロンって「ゴールの感動や達成感が忘れられへんから続ける」って人も多いんやけど、日々の練習にもゴールがあって、そこにはちゃんと達成感もあるんや。だから、苦しい練習もできるんや。

そう、毎日トレーニングしたら、毎日ゴールがあって、毎日達成感を味わえるんや。これがトライアスロンの魅力なんやなぁ。やってる人にしか、わからへんと思うけど。
そやから、また来週も、通勤ラン、やりまっせ。ほな、今日は、このへんで。さいなら〜

大阪弁で書いたら、漢字変換がうまくいかないので、いつもより大変でした。

100415.jpg
休養十分だったこともあり、通勤ランでのベストタイムを記録しました。

次のページ »