2010/6/30 水曜日

5:0で負けて欲しかった

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 20:58:16

今回のワールドカップでは、日本選手はよくやったと思います。それだけに、昨夜のような負け方だけは避けて欲しかった。
誰一人、駒野選手の責任で負けたとは思っていないはずです。しかし、駒野選手が他の誰よりも深く傷ついたことに間違いありません。どんな温かい言葉をかけられても、今の駒野選手には響かないでしょう。

チームスポーツで一番見たくないのは、誰か一人のミスが敗戦につながるシーンです。
だから、PK戦になる前に、失点覚悟の全員攻撃をしてほしかった。5:0でもいいから、負けるなら、チームで負けて欲しかった。
昨夜のように誰か一人が深く傷つくような負け方は、絶対に見たくなかった・・・。

日本のワールドカップは終わりました。しかし、これからベスト8の戦いがはじまります。
これからの戦いに望むこと、それはPK戦にならないこと、それだけです。

アイアンマンジャパンが中止となる大事件のあった6月が終わりました。
7月の声を聞くと、やっとアイアンマンジャパン中止の呪縛から解き放たれそうです。9月のデュアスロン、秋冬のマラソンに向けて、そろそろ真面目にやります。

2010/6/29 火曜日

暑い!でも夏が好き

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 21:53:54

今日のトレーニングは、ラン20km。4:57/kmペース。この暑さの中、久しぶりに長い距離を、速いペースで走りました。

全身ビショビショ。
シューズの中も汗が流れ込んで来てグチョグチョ。
のどはカラカラ。(水分補給なしで走るのは20kmが限界です)
最後はフラフラ。
それでも、寒い冬よりは、夏が好きです。

ところで、今日は23:00から日本vsパラグアイの試合があります。この時間なら、楽勝!ライブで最後まで見れる!!と思ったらそうはいかないかも知れません。
決勝トーナメントは引き分けがないため、30分の延長戦、さらにはPK戦に持ち込まれる可能性があります。PK戦までいったら、放送終了は1:30過ぎ。勝ったらインタビューも見てしまうので、2:00に・・・。

皆生トライアスロンを控えている方は、早々にお休みになった方がいいかも知れません。トライアスロン浪人の私は、もちろん最後まで観戦します。

2010/6/28 月曜日

小松鉄人レースにエントリー

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 21:33:05

今日やっと「小松鉄人レース」の申し込みをしました。
この大会はインターネットで申し込めないので、参加申し込み書に必要事項を記入して郵送しなければなりません。封筒も切手も常備していないので、いちいち購入する必要があります。
また、出場料の支払いも郵便振り込みのみ。つまり、昼休みに郵便局へわざわざ足を運ぶ必要があるのです。

インターネットで申し込み、インターネットバンキングで振り込むこと(orカード決済)に慣れているので、非常に邪魔くさく感じました。

邪魔くさい、と言えば「写真」があります。マラソン大会に「写真」は不要ですが、トライアスロンやデュアスロンの大会には「写真」の送付が求められます。しかも、大会により指定される写真のサイズはバラバラ。だからと言って、毎回、大会に合わせて写真を用意するのは大変です。

私は邪魔くさがりなので、用意している写真はワンサイズ。無理やり指定されたサイズにカットして対応しています。よって、時には、顔が(写真の)枠いっぱいいっぱいになり、また時には、えらく遠く小さくなることもあります。
もしかすると、大会事務局の人は笑っているかも知れませんが、20年間、NGとなったことはありません。

ちなみに、小松鉄人レースの写真は3×2.5cmと小さいので、私の顔は写真の枠からはみ出さんばかりの大きさになっています。

2010/6/27 日曜日

昼まで寝る週末よ、さようなら

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 20:23:28

あまり振返りたくない6月も、あとわずか。
アイアンマンジャパンが中止になってから、生活リズムも食生活もかなり乱れてしまい、過去最高にしぼり上げた体にも、良からぬモノが付き始めました。

とりあえず、あと3日だらだらして、7月に入ったら気持ちも新たに再スタートしようと思っています。
お菓子を食べる日々、昼まで寝る週末とも、おさらばです。

213.jpg
こんなの必要?一体、何キロなんでしょう。ちょっと調べてみます。

2010/6/26 土曜日

礼儀正しき日本トライアスロン ナショナルチーム

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 22:56:07

1日中、雨だったので、録画していたトライアスロン(ショート)女子のスペイン大会を見ました。
レースの内容や展開で興味を引くようなことはなかったのですが、一つだけ感心させられることがありました。
それは、日本選手だけが行っていた、ある行為です。

日本の女子は4人出場していたのですが、全選手の中でこの4人だけ、ゴール後、コースの方を振り返り、深々と“おじぎ”をしたのです。
この礼儀正しい行為を見て、同じ日本人として、とても誇りに思いました。
そして、このような指導をしている日本トライアスロンチーム関係者にも同様に尊敬の念を抱きました。

本日のトレーニング/ラン(マシン)12.6km。うちのスポーツクラブは最大60分しか走らせてくれません。

100626.jpg
長崎(アイアンマンジャパン)に行った時だけ、つまり年に1回だけ食べている長崎名物「トルコライス」。そのお弁当を発見。アイアンマンジャパンが中止となり、今年は食べる機会はないと思っていたのですが•••。

次のページ »