2011/9/30 金曜日

ケガの現状報告

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 20:20:48

今日はレーザー治療の日。
治療の前後で何ら変わらないので、モチベーションはなかなか上がりません。
ちゃんと回復してるのか、さっぱりわかりません。

ケガの現状ですが、動かさなければ全く痛みなし。これは、骨折した日もそうだったので、特に回復したわけではありません。
動かした時の痛みは、若干和らいだような気が・・・。
特に着替える時は痛みがあって大変だったのですが、現在は着替えに伴う痛みはほぼなくなりました。
これは回復の兆しか、とも思えるのですが、実際は腕を動かさずに着替える「技」を身に付けただけのような気もしています。

最近は、自分でも驚く位、片手で器用に着替えています。

診断では、3ヶ月で50%回復(骨がくっつく)とのことだったので、まだ2ヵ月も経っていない今、実感できる程の回復は期待できないのかも知れません。

本当に長い戦いです。

2011/9/29 木曜日

パソコン設置という名の運動

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 19:40:30

新しいパソコンが届きました。
問題は片手で開梱、設置すること。今から取りかかりますが、ひと汗かきそう。
今の私には、これもいい運動です。

新しいパソコンは、キーボードがワイヤレスなので、膝の上に置くことができます。つまり、なんとか右手も使えると言うこと。

明日からは、長文の入力もが楽になりそうです。

110929.jpg

2011/9/28 水曜日

いつかはアイアンマンコリア・・・のはずが

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 20:00:21

昨夜ACLの準々決勝(セレッソ大阪vs全北FC)が、チェジュワールドカップスタジアムで行われました。
そこに、下記のような垂れ幕が・・・。

110928.jpg

我がガンバ大阪でも2人の韓国人選手が活躍してくれているし、韓国語の勉強もしているハングル検定5級の比較的韓国に好感を持っている私でさえ、底知れぬ嫌悪感を抱きました。
怒りを通り越して飽きれて、それを通り越して、さらなる怒りを覚えます。
なんで、こんなことができるんや!
同じサッカーファンの行為だけに、余計に腹が立ちます。

竹島問題は政治家にお任せするとして、この心ない愚行は、決して許せません。

ましてや、スポーツの場で。
いつか、アイアンマンコリアに出たいと思っていましたが、その思いも消えうせてしまいそうです。

2011/9/27 火曜日

男子マラソンの世界記録の推移

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 19:52:59

先日、男子マラソンの世界記録が更新されましたので、この機会に記録の推移を調べてみました。トレーニングもなく暇なもんで。

年   タイム   選手名      大会名
1965年 2:12:00 重松森雄(福岡大) チスウィック
1967年 2:09:36 クレイトン(豪州) 福岡
1969年 2:08:33 クレイトン(豪州) アントワープ
1981年 2:08:18 ドキャステラ(豪州) 福岡
1984年 2:08:05 ジョーンズ(英国) シカゴ
1985年 2:07:12 ロペス(ポルトガル) ロッテルダム
1988年 2:06:50 デンシモ(エチオピア) ロッテルダム
1998年 2:06:05 ダコスタ(ブラジル) ベルリン
1999年 2:05:42 ハヌーシ(モロッコ) シカゴ
2002年 2:05:38 ハヌーシ(米国・帰化) ロンドン
2003年 2:04:55 テルガト(ケニア) ベルリン
2007年 2:04:26 ゲブレシラシエ(エチオピア) ベルリン
2008年 2:03:59 ゲブレシラシエ(エチオピア) ベルリン
2011年 2:03:38 マカウ(ケニア) ベルリン

予想はしていましたが、もうアフリカの独壇場となっています。
この傾向は、今後も変わることはないでしょう。

日本人の優勝なんて夢の夢。折り返しまで付いくことさえできない時代に入ったんじゃないかと思うと、少々淋しい気がします。
「日本人の応援」から、「世界レベルの驚異」へ。
これからは、マラソン中継の見方も変わりそうです。

左手入力による長文、大変です。疲れた〜。
早くトレーニングで疲れたい。

2011/9/26 月曜日

病院なんて怖くない

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 20:08:13

今日はレーザー治療の日。
最初は顔色が変わる位、食欲がなくなる位、病院へ行くだけでビビってましたが、今はちょっと心拍数が上がる程度です。幽霊屋敷より怖い病院も慣れれば、なんてことありません。

レーザーを当てている間(約20分)も、ウォークマンで音楽を聴く余裕。
我ながら凄い進歩です。

病院にも慣れ、左手だけの生活にも慣れ、骨折による心的ストレスはかなり軽減されました。後は走れないストレスだけ。まぁ、これが一番大きいんですけど。

110926.jpg
痛くも痒くもなく、熱くなるわけでもなく、振動があるわけでもなし。
それだけに、効いている気が全くしません。

次のページ »