2011/10/31 月曜日

今、芸人が速い

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 20:11:29

大阪市内で30日に開催された「第1回大阪マラソンで
吉本興業のお笑いコンビ「げんき〜ず」の宇野けんたろう(29)が
2時間37分05秒で完走した。
お笑いタレントの猫ひろし(34)を抜き、
“芸人最速ランナー”の称号を獲得した。

私のまわりには多くのランナーがいますが、
こんなタイムで走る人はいません。
芸人のレベルも上がって来ました。笑いのレベルは・・・?ですが。

1998年、第50回全国高校駅伝全国大会出場
2006年、千葉県千倉マラソン準優勝
2008年、関東マスターズロード選手権優勝(大会新)
2009年、ホノルルマラソン2時間48分15秒

猫ひろしさんが芸人→ランナーに対し
宇野けんたろうさんはランナー→芸人、というパターンのようです。

私はサラリーマン→ランナーなので、
猫ひろしさんに親近感がもてます。
ストライドが小さい点でも。

よって、私としては、これからも猫ひろしさんを
応援したいと思います。

2011/10/30 日曜日

雨でもできるウォーキング

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 19:56:30

今日は午前と午後、2回のウォーキング。
骨折後1〜2ヶ月は「いい休養や!」と思い、意識して体を動かすことはありませんでした。
しかし、2ヶ月を過ぎてから、体を動かしたくて、うずうずし出しました。

と、いうことで、今日は午前と午後、2回のウォーキングとなりました。

今日も、ランニングでは気づかない、気にならないことを、たくさん見つけました。
車体にデカデカと「冷急車」と書かれてたトラック。冷凍したものを運んでいるのはわかりますが、「れいきゅうしゃ」はないんじゃないでしょうか。
牛肉や豚肉なら、ある意味「れいきゅうしゃ」なんでしょうけど。

さらに、焼肉屋(犇屋)とペットショップ(ペットワールド アミーゴ)が、同じ建物にあるところを発見!(下記写真参照)
別に、牛をペットにしているわけでもなし、ペットを食べるということもでないのですが、なぜか、この組み合わせに違和感を持ちました。
2011-10-30_0151_r.JPG
ウォーキングだと、いろんなことに突っ込みを入れてしまいます。

2011-10-30_0149_r.jpg
ウォーキングのいいところは、雨でもできることです。

2011/10/29 土曜日

ウォーキング&写真撮影

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 19:36:51

午前中に1時間のウォーキング。

歩いて行ける範囲にも、通ったことがない路や、見たことがない風景が、多くあることに気がつきます。

「歩くというゆったりとした時間も、いいもんだ」と思う一方で、ケガが癒えるや否や、せわしなく走り出す自分が目に浮かびます。

 

111029road.jpg
今まで歩いたことのない路地。ゆっくり歩いてみると、趣がありました。

111029mon.jpg
徒歩5分の春日神社。初めて足を踏み入れました。

111029negai.jpg
大阪外大、阪大、関学千里など、大学が多いので、ほとんどが合格祈願でした。
もちろん私は、怪我の回復をお願い。でも財布を持っていなかったので、お賽銭はなし。
ご利益は・・・。

111029katsu.jpg
観光地みたいですが、私が住んでいる町です。

111029walk.jpg
足元は、落ち葉がいっぱい。秋の気配です。
よく見ると、歩き方がぎこちない。しらじらしい?

2011/10/28 金曜日

大阪マラソンから逃げ切れるか

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 20:58:44

トップ選手を見るぶんにはいいのですが、自分と同じ市民ランナーを見るのは、走れない今の私には辛いものです。

骨折以来、マラソンやトライアスロンのホームページも見なくなったし、テレビでも関連番組は避けるようになりました。

偶然目にすることもあるのですが、その度、羨ましくもあり、空しくもありで、精神的にどんどん落ち込んで行きます。

今週末は、いよいよ大阪マラソン。

楽しそうに走るランナー、超盛り上がる沿道、そんなの見たら、嫉妬で気が変になりそうです。

ここ数日は、できるだけ目に、耳にしないように、ひたすら大阪マラソンから逃げ続けたいと思います。

と、思っていたら、天気予報で「いよいよ大阪マラソンです。週末のお天気を気にされている方も多いと思います」って。

もう天気予報も見れません。

2011/10/27 木曜日

今まで語られなかった「私がサッカーを止めた理由」

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 20:01:13

小学生の時、サッカー部に入っていました。

ポジションは右サイドバックで、当時の監督からはとにかく「エースのTくん目がけて、サイドからクロスを上げろ」と言われていました。

でも、ゴールを決めたくて、持ち場を離れてゴール前をウロウロ。

で、監督に怒られて、補欠に。

でも、代わりに出たFくんがデブで、動きが鈍く、私がレギュラーに復活。

でも、またまた監督の指示を無視して、ゴール前をウロウロ。

そして、補欠。

でも、Fくんがデブで、動きが・・・。

そして、私がゴール前をウロウロ。

でも、Fくんが・・・。

このループを2年繰り返し、私のサッカー人生は終わりました。
自由に動けないことによる閉塞感。いちいち指示されることへの嫌悪感。

子供ながらにチームプレーは向いていないと感じたのでした。

それ以来、卓球部→落語研究会→マラソン→トライアスロンと個人プレーに専念しています。