2012/1/31 火曜日

涙なくして見られない、ある自転車の風景

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 22:18:46

今日ランニングをしていて、買い物帰りと思われる自転車に乗ったご夫婦(30代後半?)を見かけました。

お父さんは自転車の前後に子供を乗せ、坂道ということもあり、かなり苦しそう。
一方、お母さんは自転車のカゴに軽そうなレジ袋を乗せたているだけで、お父さんを置き去りにして楽々と坂を上っていました。

お父さんの必死に追いつこうとしている姿が、かえって哀れさを増長していました。

「お父さんは、大変やなぁ」と同情したのですが、近くで見て唖然、茫然。
同情を遥かに通り越し、悲哀の領域へ。目に熱いものが込み上げて来ました。

なぜなら、
お父さん→普通の自転車
お母さん→電動アシスト自転車  だったからです。

「電動アシスト自転車に、子供を乗せろや!」
もしくは
「お父さんにも電動アシスト自転車、買うたれや!」

わずか1分ほどでしたが、決して涙なくしては見られない悲哀と哀愁に満ちた風景でした。

あまりに可哀そうなので、私はこう考えることにしました。
「お父さんはトライアスリートで、トレーニング中なんだ」と。

●今日のトレーニング/ラン16km、5:45/kmペース。

これまで掲載できなかった大阪国際女子マラソンの写真をまとめてご紹介しましょう。
これで1月のブログは毎日更新、毎日写真掲載を達成いたしました。パチパチパチ。
トレーニング並みに、しんどかったぁ。

2012-01-29_1777_edited-1_r.JPG
友人の応援をする人。楽しそうでした。

2012-01-29_1786_r.jpg
ヘリの騒音が、現場の臨場感と緊張感を高めていました。

2012-01-29_1955_r.JPG
苦しいけど、気持ちいいやろうなぁ。
こんな広い道路、多くの観衆、選手も少ないので渋滞もなし。

2012/1/30 月曜日

大阪国際女子マラソンで気づいたこと

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 21:26:56

今日は、昨日撮影した大阪国際女子マラソンの写真を見直していて気づいたことを、写真を掲載してご紹介したいと思います。

当たり前ですが、トップランナーと自分のランニングフォームが、全然違う。
特に後ろに蹴り出した方の脚。綺麗にまっすぐ伸びています。
地面をしっかりとらえ、最後まで地面を強く蹴らないと、このようなフォームにはならないでしょう。
2012-01-29_1834_r.JPG

2012-01-29_1865_r.JPG

パーフェクトにシェイプアップされた肉体。
全く無駄な脂肪がないのがわかります。脚の筋肉を見るだけで、どれだけ過酷なトレーニングをしてきたか、容易に想像できます。
2012-01-29_1917-1_r.JPG

カーフカード(ハイソックスのように見えるもの。メーカーによって呼び方はいろいろ)が流行している。
サングラス→アームウォーマー→カーフガード。ランナーのアイテムは増え、しかも確実に定着しています。さすがに、大阪国際女子マラソンのレベルになるとウエストバッグやウォークマンを付けているランナーは皆無でした。
2012-01-29_1709_r.JPG

●今日のトレーニング/スイム1000m(50m×20)、90秒サークル。
50m、まだ60秒切れません。腕が真上に上がらないのでストリームラインができず、水の抵抗を受けまくります。肩関節の柔軟性が戻り、ストリームラインができれば、簡単に60秒は切れそうなんですが・・・。

2012/1/29 日曜日

大阪国際女子マラソン観戦記

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 16:32:11

今日はトレーニングを休んで大阪国際女子マラソンを観て来ました。

と、その前に私の外れまくりの予想を採点します。

1. 御堂筋までは集団で推移する。→×
2. 福士選手が単独で集団を抜け出す。→×
3. 優勝するのは福士選手。→×
4. 優勝タイムは2時間24分台。→×
5. 2位は嶋原選手。→×
6. 嶋原選手は25分台で自己ベスト更新。→×
7. 意外に健闘するのは堀江選手で3位。→×惜しくも4位。福士が悪い!
8. 招待選手の1人がリタイヤ。→×
9. 外国人は5位以内に1人だけ。→○
10. 大阪城に入った時、アルフィーの曲が流れる。→×今年は大阪城公園を走らなかった。赤っ恥。

得点は10/100点、解説者、失格。と言うことで、自分のトレーニングに専念します。

2012-01-29_1787_r.JPG
選手が近づいて来ると空気が変わります。
この空気を感じるだけでも、沿道で観戦する価値があります。

2012-01-29_1804_edited-1-1_r.JPG
優勝した重友梨佐選手と、またまた失速した福士加代子選手。
重友選手は本当に強い勝ち方でした。それにしても“てんまや”は強い。

2012-01-29_1821_r.JPG
先頭を走らず自重していたと思ったのですが、実は付いて行くのが精一杯だったのでしょうか。
マラソンへの適正がないのか。それとも、まだマラソンランナーになりきれていないだけなのか。
まさか彼女が一度も先頭に立つことなく終わるとは・・・。
2回連続の大失速で、福士選手の株は大暴落でしょう。
でも、逆に次はプレッシャーがなくなって、好結果を残すかも。

2012-01-29_1855_r.JPG
3位に入った野尻あずさ選手。クロスカントリースキー出身とは思えない美しい走りでした。

2012-01-29_1882_r.JPG
もしかすると、と思っていたのですが、4位に終わった堀江知佳選手。

2012-01-29_1911_r.JPG
5位の嶋原清子選手。大阪の高速コースはベテランには厳しかった?
ちなみに今年の大阪国際女子マラソンは、1位〜6位まで、見事に年齢順となりました。

●今日のトレーニング/ウエイトトレーニング。

2012/1/28 土曜日

バイクのパンクに雪

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 20:00:32

久しぶりにレース用バイク(Felt+Di2)でのトレーニングでした。
しかし、清坂峠でパンク。

追い討ちをかけるように雪が・・・。
手はかじかんで思うように動かないし、身体はどんどん冷えて来るしで、パンク修理中はずっと涙目でした。
よし!自販機のお茶で手を温めよう!でも、清坂峠。
一番近い自販機まで、たぶん2km以上。ガクッ。

かんじかんだ手で、なんとか修理を終えたものの、完全にヤル気をそがれ、結局とぼとぼと帰宅しました。

でもこのままでは終わりません。帰宅後、軽い昼食をとってランニング。
タイヤチューブを買うためみガナスまで行って帰ってくる17kmを走りました。

●今日のトレーニング/バイク37.2km、20.5km/hペース。ラン17.4km、5:42/kmペース。

2012-01-28_1493_r.jpg
泣きっ面に蜂=バイクのパンクに雪。また来週、出直しです。

2012/1/27 金曜日

2012大阪国際女子マラソン大予想<後篇>

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 21:03:57

昨日からの続き

前半は招待選手を中心とした集団でレースは展開されるでしょう。
では、このまま後半まで集団で行くのか?
私は福士選手の性格からして、観衆の多い御堂筋(折り返し前後)で飛び出すと予想します。
監督は後半にもつれ込むと、経験豊かな嶋原清子がやっかいだと考えているでしょうし、何より集団走行を好まない福士選手本人が、後半まで集団の中で我慢できるとは思えません。

つまりレース展開としては、1と2(前日のブログ参照)の中間のようなパターンです。

福士選手は、抜け出すと勢いで30kmまでは、集団との差を広げていくでしょう。集団を形成するのは外国人と嶋原選手、あと堀江選手。
35km前後からは集団の追い上げ、福士選手の失速で、どんどん差が縮まりハラハラする展開に。

しかし、4年前の失敗から学んだ福士選手は、なんとか粘り切ってトップでゴール。
タイムは23分台と読んでいます。

それでは、予想をまとめます。
1.    御堂筋までは集団で推移する。
2.    福士選手が単独で集団を抜け出す。
3.    優勝するのは福士選手。
4.    優勝タイムは2時間24分台。
5.    2位は嶋原選手。
6.    嶋原選手は25分台で自己ベスト更新。
7.    意外に健闘するのは堀江選手で3位。
8.    招待選手の1人がリタイヤ。
9.    外国人は5位以内に1人だけ。

最後にもう一つ予想を。
10.    大阪城に入った時、アルフィーの曲が流れる。

1問10点、100点満点で何点とれるか。
80点以上で、堂々と「マラソン解説者のブログ」を名乗らせていただきます。

fukushi4_2008.jpg
2008年、独走する福士選手。(撮影/私)
今年は、最後まで逃げ切ると予想します。

次のページ »