2013/11/30 土曜日

出戻りadidas miCoach SMART RUN 

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 17:40:02

充電もできない!と言うことで送り返していたadidas  miCoach SMART RUNが戻ってきました。

あまりにひどい初期不良にムカついていたので、戻って来てもヤフオクで売り飛ばしてやろう、
と思っていたのですが、いざ戻って来ると惜しくなり、やっぱり自分で使ってみることにしました。

100_1331_2013.JPG

やった〜!充電、できたぁ〜。
充電できるだけで、こんな幸せな気分になれるなんて・・・。
ありがとうadidas、ありがとう miCoach SMART RUN←イヤみ

●今日のトレーニング/ラン19.0km、5:50/kmペース。

2013/11/29 金曜日

トライアスリートならではの特異な夢

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 21:19:00

Cervelo P3が気に入ってく購入したのですが、
唯一気になっていることがありました。

それが、昨夜、夢となって現れました

Cervelo P3(以下P3)は性能と価格のバランスがいい(といってもフレームだけで40万円しますが)こともあり、トライアスリートに大人気です。
アイアンマンハワイでもトップシェア。

つまり、レース会場やトレーニング中に、同じバイクに乗っている人に会う可能性が非常に高いということ。
私にとって、これは上下とも同じ服を着た人に会うのと同じくらい気まずいことです。

で、昨夜の夢ですが、私がP3でトレーニングしていると、
前からバイクの大集団(10台くらい)がやってきて、それが全てP3。
コンビニ前で休憩している人も、全てP3。
後から追い抜いていくバイクも、全てP3。

そして、追い抜いて行った最後のP3に乗っている人が振り返り、不敵な笑みを浮かべたところで目が覚めました。

私はよく戦国時代に行き、武士に刀で切られるという悪夢(前世でたぶん切られて死んだと思われます)を見て飛び起きることがあるのですが、それと同じくらい衝撃のある夢でした。

長い間トライアスリートをやっていると、特異な夢を見るもんです。
「スイムがビリで、自分のバイクしか残っていなかった」という夢なんて、何回見たことか。

●今日のトレーニング/スイム100m×10+プル100m×10<2:20サークル>、計2000m。

2013/11/28 木曜日

玄関開けたら

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 21:57:58

昔「玄関開けたら、サトウのご飯」というCMがありましたが、
私の場合

dsc_5355_2013.JPG
「玄関開けたらバイクが2台」です。

ニューバイクとオーバーホール済みのバイクなので、
非常に綺麗です。
まるで、展示品のよう。

なお、返品したadidas  miCoach SMART RUNですが、
今日、宅配便で戻って来たようです。
でも、不在で受け取れず。

miCoach SMART RUNとの再開は今週末になりそうです。

●今日のトレーニング/ラン15.6km、6:11/kmペース。

2013/11/27 水曜日

adidas miCoach SMART RUN のその後

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 21:00:20

23日(祝)お客様センターより、返品先の連絡あり。
祝日なのに対応してくれたことに感動!

24日(日)お客様センター宛に発送。
月曜日には着くとのこと。

25日(月)連絡なし

26日(火)連絡なし

27日(水)連絡なし

故障が見つからない?
不良品の返品が殺到?
本国に返送?

とりあえず、3日連続、何の連絡もありません。

なお、バッテリーに関する苦情は多いようで、
「近日中に、ファームを公開します」とのことでした。

2013/11/26 火曜日

それでもブログは続く

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 21:48:39

体調が悪く、身体も不自由なのに、父が退院することになりました。
仕事もあり独り暮らしの私には安全を確保できないと思い(実際2ヵ月程前に倒れて救急車で病院に運ばれています)、いろいろ考え、悩んだ挙句、やむなく安全第一と考え、老人ホームへの入居を準備していました。
仕事の合間に、情報を収集したり、看護師さんに相談したり、必要な資料を請求したり。
で、ほぼ今週末に入居の運びでした。

しかし、

それを聞きつけた叔父が突然電話をしてきて
「老人ホームやとー、何考えとんじゃ〜」と、罵倒されること約5分。
以下は省略しますが、私の立場と状況、苦悩はご理解いただけると思います。

その夜、一睡もできませんでした。

でも不思議。ブログは続く・・・。

次のページ »