2017/8/31 木曜日

赤穂トライアスロンの写真、未公開分

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 22:01:39

dsc02215.jpg

人が浮いている〜。まさか〜
これは赤穂トライアスロンでのひとコマ。この方は平泳ぎをしていて、ぐっと前に伸びたところです。普通、平泳ぎでこの姿勢になった時、一番進むのですが、写真とはいえ全く進んでいるように見えません。進むと水面に、それなりの波紋というか、流れができて写真にも写るはずですが、そういうものが全くありません。この方は完泳できたのでしょうか。

dsc02244-2.jpg
まるでゴミ捨て場
この大会はトランジッションバッグの代わりに、青と透明のビニール袋が配布されます。よって、トランジッションエリアは、まるでゴミ捨て場のように見えてしまいます。

●今日のトレーニング/サッカー日本代表の「絶対に負けられない試合」がありましたので、トレーニングはお休みです。
ガンバの井手口くんがやってくれました。

2017/8/30 水曜日

今年こそ10km40分切り!

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 21:18:32

今日のランチは超豪華。会社のお弁当の5倍の価格。つまり1週間分ということになります。

img_1059.JPG

さらに、デザートまで。(別料金)

img_1063.JPG

ところで、昨年は「10kmで40分を切るぞ!」と息巻いていたのですが、結果は最高で41分台でした。今年こそ!との思いから、この秋は全6レースにエントリーしました。

20170830.jpg

数打ちゃ当たる!ということはありませんが、レースそのものがトレーニングになります。また課題も見つかるなど、レースに参加することはパフォーマンスの向上にも効果的です。

上記の一覧を見ているだけで、闘志が湧いて来ました。
9月は10kmを余裕を持って走るための持久走(20km程度)と、キロ4分を切って走るスピードトレーニング(インターバル)を組み合わせていきます。
スイムとバイクは、気が向いた時に、好きなだけ、とします。
11月には10km40分をクリアし、12月はハーフマラソン90分切りに挑戦する予定です。

●今日のトレーニング/ラン15km。GPSウォッチのバッテリー切れで詳細の記録はなし。

多くの大会にエントリーし、モチベーションは上がったものの、赤穂トライアスロンの疲れがあるのかランニングのペースは上がりませんでした。残念〜。

2017/8/29 火曜日

赤穂トライアスロンで見かけた、奇妙な光景

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 21:34:46

赤穂トライアスロンは、あまりに不甲斐なかったので、罰として今日からトレーニングを再開しました。従来なら、ショートでもレース後は1週間ほど休むのですが・・・。

ところで、赤穂トライアスロンで「これは意味ないやろ〜」という光景を目にしました。
それが下記の写真です。

dsc02225.jpg

泳ぎに来た子ではありません。Tシャツの文字の通り、トライアスロン大会のSTAFFです。
浮き袋を手に、泳ぐ選手を見ています。この状況から、このスタッフは救助の係だと思われます。(個人の憶測です)

そこで疑問なのですが、この浮き袋で、いったい誰を救助すると言うのでしょうか。
スタッフは靴を履いているので、泳ぐ気はないようです。陸から浮き袋を投げたところで2mがいいところでしょう。

この状況から、救助できるのは、自力で岸まで2mのところまで泳いで来た選手のみということになります。
「そんなヤツ、絶対おらんやろう〜」と思うのですが、いかがでしょう。

dsc02227.jpg

万一に備え(億一もないでしょう)、浮き袋を手に、真剣に選手を監視するこのスタッフが可愛そうになりました。
どう見ても女の子用の浮き輪、そこに付いている頼りなさそうな紐が、哀れさを増長しています。

●今日のトレーニング/スイム50m×15+プル50m×15(1:10サークル)、1500m。

2017/8/28 月曜日

赤穂トライアスロン大会に、2度と出たくない理由

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 20:54:29

スイム中にバドルに巻き込まれ、手元の時計のスイッチが押されたため記録は計測できていませんでした。
成績が散々だったから、というわけではありませんが、おそらく赤穂トライアスロンには2度と出ないと思います。

その理由は
1.スイムキャップがダサい。
2.スイムのコースがわかりにくい。午前の部はトップの4人がコースミスで失格となっていました。
私も2回、コースから外れてしまいました。
3.コースが反時計回り。右でしか息継ぎできない私は、コースを確認しにくい。
4.この暑さなのに、ゴール後はドリンクはなし。
5.競技説明会が、レース1時間前から。時間は12時、しかも炎天下の屋外。説明会は30分もあり、それからスタートの準備で慌ただしい。
6.スイムはコースレイアウトのせいで、バトルが酷い。
7.トランジッションエリアが狭い。後ろに人がいると着替えられない。バイクも通れない。

以上により、もう2度と赤穂トライアスロンには出ないでしょう。

水質が最悪の「さくらおろち湖トライアスロン」の方が、よっぽどマシです。

それでは、午前の部の様子を写真でご紹介しましょう。

dsc02199.jpg

dsc02208.jpg
雰囲気は悪くないのですが・・・。水の中は藻がいっぱいです。

dsc02212.jpg
さすが初心者が集まる午前の部。平泳ぎも多数です。

2017/8/27 日曜日

ショート(51.5)最低の結果となりました

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 21:18:05

赤穂トライアスロンから帰って来ました。
2時間50分くらいかかりました。
何人出場していたのか(300人くらい?)わかりませんが、総合66位(年代別8位)でした。

期待のランも、ボロボロで人生2回目の50分オーバー。(1回目は20年くらい前の伊豆大島。この時は腹痛でした。)
原因は脱水気味になったこと。

バイクの後半あたりから、喉がカラカラ。
水温が30℃。ウエットスーツはフル。この状態で泳いだため、バイクの前半でボトルのスポーツドリンクを飲み干してしまいました。
ショートの大会なので、エイドステーションはなし。
何とかバイクは乗り切ったものの、ランは出だしからフラフラ。こんな状態で頑張ると、熱中症で倒れるんだろと思いました。ショートで初めてリタイヤが頭をよぎりました。

ペースを落とし、エイドステーションで足を止めて、お腹がダブダブになるまでスポーツドリンクを飲んで回復を図りましたが、最後までどうにもなりませんでした。
本当にショートで良かったです。

dsc02257.JPG
午前中に開催されたレース(午後の部より短い)を見ている間にも、水分は奪われていたものと思われます。
まっ、ショートだし、と思って水分補給を怠ったせいで、とんでもない思いをしました。

次のページ »