2013/1/28 月曜日

礼儀正しき日本人女子マラソンランナー

Filed under: 日記 — ironman1964 @ 22:10:39

トライアスロンの大会では開会式で「ゴールする時は、ちゃんと
顔が見えるようにサングラスを外してください」と説明のある大会
もあります。

忘れていると、ゴール手前で係員に「サングラスを外してください」
と言われることがあります。

確か「応援してくれる方々、競技を支えてくれているボランティアの
方々に、ちゃんと最後は顔を見せてください」
「感謝の気持ちを、顔を見せることで表現してください」というのが、
その理由だったと記憶しています。

“ゴール前でサングラスを外す”と言うのは、ルールや規則
というより、マナーとか礼儀に近いのかも知れません。

昨日行われた大阪国際女子マラソン。
ゴールする時、サングラスを外していたのはトップ5では3人でした。
外さなかったのは外国人2人。
つまり、日本人の3人(福士さん、渡邉さん、小さん)は、
ちゃんとゴール前でサングラスを外していました。

日本人選手がごく自然にサングラスを外してゴールする姿に、
日本人女性らしい“細やかな気配り”と “しとやかさ”を見たような
気がしました。

外国人選手が悪いと言うのではなく、
“ゴール前でサングラスを外す”という行為が、
私の目にはいかにも日本人らしく映りました。

また、3位に入った渡邉選手にいたっては、
ゴール後、走って来たコース方向を振り返り一礼していました。

こんな姿を見ると、やっぱり応援したくなりますね。

優勝は外国人選手に奪われて残念でしたが、
ゴールする日本人選手たちの素顔(サングラスを外した顔)が、
その悔しさを吹き飛ばしてくれた
今年の大阪国際女子マラソンでした。

●今日のトレーニング/スイム100m×10
+プル100m×10<2:20サークル>+キック25m×10、
計2250m。

出勤しようと玄関のドアを開けると、驚いたことに一面の雪景色。
さらに驚いたのは、この状況でランニングをしている人がいたことです。

img_0131_2013.JPG

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URI

コメントをどうぞ